鵜鳥神楽が来た浜

釜石市箱崎白浜で鵜鳥神楽の夜神楽を拝見したことがありました。このときの一場面を「とりら」創刊号に掲載しています。
f0147037_22465258.jpg
大きな身代の古い家で代々の神楽宿でしたが、この度の震災でおうちの方が亡くなり、家はもう全く住めない状態です。
今日は鵜鳥神楽さんが来て神楽念仏を上げて皆で拝みました。

白浜にはもう一軒の神楽宿があり、年行司太神楽にたずさわる若主人が鵜鳥神社にじきじきにお願いに行って、今日は宿神楽が実現のはこびとなりました。
f0147037_22474699.jpg
舞い込みのお囃子にご近所の方々が集まって来ます。
f0147037_2248636.jpg
とりらに写っていた幼い兄妹は今も神楽が好きなようです。

白浜地区の「白浜虎舞」がお祝いにかけつけてくれました。虎頭と太鼓は無事でしたが、個々人の衣裳や笛などが流されてしまっています。今回は鵜住居虎舞さんが助っ人に来てくれて、3月以降この日が初の舞だそうです。
f0147037_22575670.jpg
お話を伺うと、助成の申請を何度か試みたが受諾になったものがない、とのことです。盛岡大学の先生が相談に乗って下さっていました。とりらの募金からもお見舞いを差し上げました。

「見に来たお客さんには料理を出す、神楽宿本来の形態を守りたかった」という宿の心づくしのおもてなしでお昼をごちそうになりました。早採りワカメがとても美味しい。さきの神楽宿でもこの新鮮なワカメをたくさんお土産に頂いたことを思いだして胸がいっぱいになりました。
f0147037_22482658.jpg


神楽の最後はやはり恵比須舞。今回は特別に「あきない恵比須」という儲かる恵比須さんでした。上手にこしらえた鮭が泳いでいます。
f0147037_22484115.jpg

神楽宿をやるにはお金だけでなく、いろんな苦労や負担があります。
「なぜ?」という質問に、若主人は、ただでさえ少子高齢化の白浜地区なのに、震災後はさらに住民が減ってしまった。今あらためて「やっぱり白浜は良いところだ!」と皆に感じて暮らしていってほしいから、というお答えだったそうです。

終わった後「皆が笑ってくれた。良かった」ともらしておられました。
困難な中で神楽を呼び、地域の方たちに喜んでもらおうという宿主の方の強いお気持ちに敬意を表します。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2012-01-31 23:30 | 東日本大震災 | Comments(0)

<< 軽米の芸能 持ち主を捜しています >>