蛸ノ浦の権現様

f0147037_20311593.jpg
以前、このブログに登場した権現様です。耳も下あごも付け治してもらい、きれいに立派になって、ことしのお正月も例年通り悪魔祓いが出来ました。
以下の画像は蛸ノ浦契約会の方から送って頂いたプリントです。
f0147037_20325237.jpg
まずは皆で地元の尾崎神社へお参り・・なんですが、地盤沈下により参道は水没〜。でもなんとか参拝したみたいです。
f0147037_20341894.jpg
子どもも大人もいりまじって、地区の家を訪れます。
f0147037_2035159.jpg
家の人は頭を噛んでもらい、
f0147037_20354011.jpg
御札を頂きます。
そしておもてなし。大人にはお酒、子ども達にはジュースとみかんが用意されていました。
f0147037_20364175.jpg
すごいですね、朱塗りのお膳と酒器セットでお迎えとは。

大船渡市赤崎町では「契約会」という古くからの組織が強力な自治力を発揮しています。お話をうかがうと、ほとんど独立した村のような機構と政治力をもって暮らして来ました。
消防団、青年会、婦人会、公民館が契約会の下部組織となっていて、悪魔祓いは公民館が行っています。
津波の経験が生きているこの地区では、毎年の避難訓練は全戸が参加して、最後は炊き出しのおにぎりを作るところまでリハーサルに組み込んで来ました。そのため、ホンモノの津波が来た昨年3月11日のときも、整然と避難誘導を行い、食べ物を供出しあって共同作業で炊き出しを行い、支援物資もすべて分け合ってしのいだそうです。

これだけの強固な組織であれば、若い世代には息苦しいと感じられることもあるでしょう。
しかし、この時代にこれだけのマネジメント力と自尊心を持って暮らして来た地域がある(蛸ノ浦だけではない)という事が、私にはまず発見と感動でした。「田舎」とは何なのかをもう少し知る必要を感じたのでした。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2012-01-27 20:53 | 年中行事 | Comments(0)

<< 持ち主を捜しています 町内会と祭・行事 >>