花まんじゅう うまい

 長期の休みは、ひたすら家の中で過ごすという方が多いかもしれません。が、むかしは盆・正月となれば、ホンケへ集まったり、親戚へあいさつ廻りしたり。そんなふうに地域の中を行ったり来たりする場合がけっこうあったそうです。まあ、今でもそれなりにやってますが、たぶん昔ほどじゃあないのでしょう。

 そして現在では、小正月行事は公民館など地域の自治組織で盛んにおこなわれています。一方でお盆は引き続き親族のあいだでおこなわれています。
 「かつてはご先祖さまを祀ることもシゴトをするのも、いずれもムラの組織≒親族組織でおこなわれていたので、盆・正月の主体も同じだった。ところがムラの組織と親族組織が分かれる中で、盆と小正月を担う行事の主体も分かれていった」・・・というようなことなのでしょう。特に生産組織としての親族組織がなくなる中で、生産組織ではない自治組織が小正月行事を担うことになった。だから小正月行事は盆行事以上に役割と機能も大きく変わったのだろうと思います。
f0147037_20444577.jpg

 というのも、Raekwonさんが公民館で花まんじゅうこさえてきたんですよ。いやあ、今の小正月行事は楽しそうだなあ、と。むかしの小正月行事もそりゃあ相当に楽しかったんだろうけど、高齢の方から「小正月に小作人が地主の家にあいさつに行くと餅もらって」という話をきくと、大変な面もあったろうなあと思ったりして。

 by げんぞう

[PR]

by torira | 2012-01-24 21:06 | 年中行事 | Comments(0)

<< 町内会と祭・行事 盛岡市材木町の門松 >>