縁側から

そろそろお正月が気になって来ました。
三陸沿岸の町や村では、お正月や小正月にいろんな神様が戸別訪問してくださる習慣が根付いています。
大船渡市や陸前高田市では「権現様」と呼ばれる行事が非常にさかんです。
大船渡市日頃市地区では、秋のお祭りでも権現様を行っています。11月6日、田代屋敷集落のお宮にて。
f0147037_1151197.jpg
獅子頭に着物(幕)を付けているところ。逆さにされて「うぐ〜」といった表情です。
地域の方々がお供物を持って次々に上がって来ます。
これから神事をおこなって、その後に鳥居前で権現舞を奉納します。本来であればそれから地域の家を一軒ずつまわるのですが、日頃市地区は内陸で海から遠いとはいえご不幸のあった家も多いので、今年は家回りはナシということになりました。

沿岸の権現様行事は「縁側から土足のまま上がって居間で身固めして酒肴のもてなしを受けて玄関から出る」というのがパターンだそうです。
以前、このブログで奥州市江刺区の鴨沢神楽の春祈祷をご紹介したことがありました。権現様はいずれも縁側からお入りになるようです。
f0147037_2212313.jpg

非日常のあれこれは玄関から入らないキマリがあるようですね。

仮設住宅には縁側がないのでいったいどうしたものか、と沿岸の権現様たちは悩んでおられます。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2011-11-21 11:55 | 年中行事 | Comments(3)

Commented by イナモダ at 2011-11-22 11:47 x
先日、南晶山のてっぺん付近に狛犬のようなモノがあったな。とキャラの参考にしようと画像検索したら、なんと、とりら様の画像でした。そのとき初めて権現様という名称を知りました。
少しずつ遡って拝読させていただいております。
Commented by 事務局MA at 2011-11-23 00:03 x
イナモダさま、毎度ありがとうございます。「南晶山」という表記すてきですね。頂上に権現様がいらっしゃるのは南昌山の峰続きの箱ヶ森も同様です。他にもかなりあるみたいですよ。
Commented by イナモダ at 2011-11-23 03:33 x
事務局MAさま 南晶山は勘違いでした。昔石英探しに夢中になったことがあって、晶の字に弱いのです。神楽坂スケジュール合わずでした。

<< 又兵衛まつり どっから >>