ナゾの鬼剣舞人形

友人から「福祉バンク(盛岡の公営リサイクルショップです)でこんなの見つけた」とプレゼントされた土人形。
e0179212_23345321.jpg

「鬼剣ばい」と書かれているのですが鬼の面を付けない鬼剣舞ってあるんでしょうか?
おまけにシャガマもつけてないよ。
f0147037_1629435.jpg

鬼剣舞のこと、よく知らないので「??」です。
どなたかおわかりだったら教えてください。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2011-11-15 23:40 | 芸能 | Comments(2)

Commented by c_moon at 2011-11-19 22:22 x
江刺地区のものですかね?


『原体剣舞連』(はらたいけんばいれん)は、宮沢賢治が1922年岩手県奥州市江刺区原体地区に古くから伝わる民俗芸能の一つである原体剣舞を見て書き上げた詩歌である。詩集「春と修羅」収録。

この詩に曲を付けた合唱曲や、題材とした絵本などもある。
Commented by 事務局MA at 2011-11-19 22:41 x
c_moon さま
いつもありがとうございます。
これは原体剣舞ではなく、たんに「シャガマ付き鬼面が取れちゃった」状態のようです。つまり面とシャガマはもともと取り外し可能の別パーツなのです。確認できる画像を掲載したサイトのURLを入れておきます。
・・・ということをとある方から教えて頂きました(ありがとうございます)。
「11. 鹿踊りと剣舞舞(花巻市)」となっていますので花巻温泉土産でしょうか。郷土玩具があるのはモチーフとは必ずしもリンクしてなくて、まずは観光地がある所で作られる、という条件も最近教わりました。なので郷土玩具として作られる鹿踊りはほとんど春日流なんだそうで。

<< お正月を前に 『タウン誌カフェ』展のお知らせ >>