沿岸への転勤希望出します

神様の転勤希望をあっせん申し上げます。
f0147037_018999.jpg

私たちの「とりら」会長(花巻市在住)から、「有効に使っていただける方なら無償でお譲りしてよいとの事です。」というメールとともに、太神楽の獅子頭の画像が送られてきました。
f0147037_018376.jpg


現在の花巻市内には太神楽の団体がありませんが、かつてはいくつもあったんだそうです。
(と書いたら抗議のメール殺到!矢沢の高木太神楽、葛の東野袋太神楽、内川目の小空蔵太神楽、湯口の中村太神楽などなど、花巻の太神楽はたくさんありました。訂正いたします。たいへん失礼しました)
そんなうちの1つを、とりら会長がお預かりしています。
もうずいぶん前になくなったので、どんな太神楽だったか、お家の方もわからなくなっていて、活躍の場もないまま長いこと眠っておられる獅子頭様だとか。

「有効に使っていただける方なら無償でお譲りしてよいとの事です。」
つまり、被災した沿岸の太神楽の団体でご希望があればそちらで活かして下さい、という意味です。
銘などはありませんが、堂々として品があり、結構古いものではないかと思われます。片方の耳の先が欠けているものの、ちゃんと動かせますので踊りに使用する上では問題ありません。
以前の持ち主の名前が入った幕がついております。もちろん交換できます。
新しく幕を作る上で助成等が必要な場合は、手立てを探すお手伝いをします。
f0147037_01982.jpg

沿岸市町村では、まだまだPCが使える環境が整わないところも多いかと思いますが、もしこちらをご覧の方で受け入れを考えてみたいという団体さんがあればご一報ください。

 事務局MA=toriratorira@yahoo.co.jp
「とりら 岩手三陸民俗芸能の応援募金」にご協力をおねがいしています。

[PR]

by torira | 2011-09-12 23:22 | お役立ち情報 | Comments(0)

<< 太神楽って何? あれから半年 >>