げんぞう先生の神楽指南~南部神楽編~

MA「先生!今度の金曜日=9日の午後2時15分頃から桜山さんで白浜神楽をやるんですって」
「なに?あの、今はなくなってしまった花泉町の大門神楽を継ぐ白浜神楽が盛岡に?そいつぁ珍しいね」
MA「1.御神楽、2.宝剣納め 磐長姫悪鬼変化・日本武尊悪鬼退治 3.葛の葉子別れ となってますよ」
「『宝剣納め』は南部神楽の十八番じゃぞ。
早池峰系の神楽ではなじみがないだろうが、陸中沿岸の山伏神楽では『磐長姫』『日本武尊』という2演目として同じ筋書きが上演されとるのだ。
宝剣を納める箇所よりは、〝磐長姫が宝剣を盗む場面〟が見所じゃ。抑制の効いた女舞がじわじわと対象に忍び寄っていくところに、何ともいえない緊張感があってな」
MA「はー。では『葛の葉子別れ』は?」
「すこし前に安倍晴明が流行ったな。あの陰陽師もからむ、離別を描いた長い悲劇じゃ。
全体のストーリーよりはこの一幕での悲喜こもごもを楽しむのがポイントでな。ま、そういう所が浄瑠璃の常套だと言えるかな」
MA「なるほど〜。じゃ9日楽しみにしてみます。げんぞう先生ありがとうございました!」

日報カルチャースクール ≪民俗芸能講座 神楽編≫
白浜神楽(一関市花泉町)』 鑑賞会

日   時: 9月9日(金) 午後2時15分頃より
会   場: 桜山神社(盛岡市内丸)
予定演目: 1.御神楽
      2.宝剣納め 磐長姫悪鬼変化 日本武尊悪鬼退治
      3.葛の葉子別れ
入場無料 (一般の方もご覧いただけます・お花歓迎!)

 ※日報カルチャースクール :民俗芸能講座 神楽編は10月期受講生募集中。
[PR]

by torira | 2011-09-06 23:21 | 芸能 | Comments(0)

<< 日は俣のぼる 四隅 >>