鹿角、東を目指して

波乱の年も折り返し地点を過ぎました。数日間、管理人げんぞうさんは南の方へ、私は日本の北の方へと出向いていてしばらくブログに日が空いてしまいました。すみません。
この間にも「愛deerプロジェクト」と名付けられた関西からの鹿踊り用鹿角支援は着々と準備が進んでおります。

大阪の国立民族学博物館の林勲男さん(准教授)の情熱に応えて(株)丹波姫もみじさん(丹波市氷上町)がご協力下さった鹿角のいきさつは、2日付神戸新聞と朝日新聞の各夕刊で紹介されました。
pdf.にして送って頂きましたので、こちらからご覧ください。

少しだけ補足しますと、鹿踊りは「面をかぶる」というより「鹿頭を戴く」といった方が正確でしょうか。
越後獅子で獅子頭をのせてる、あの感じですね。
休憩中に幕をたくしあげているところを撮ったのがありましたのでご紹介します。大船渡市前田鹿踊りさんです。
f0147037_224478.jpg

鹿踊りと書いて「ししおどり」と読ませるナゾがちらっと解けそうな場面です。

 by.事務局MA<
引き続き「とりら 岩手三陸民俗芸能の応援募金」にご協力をおねがいします。

[PR]

by torira | 2011-07-04 22:09 | 東日本大震災 | Comments(2)

Commented by 鹿馬鹿 at 2011-07-05 13:45 x
ほんとに鹿角の件では、皆さん、ほんとにまあ、、、嬉しいことですね!

写真は浦浜獅子躍さんのでなくて、山口派仰山流のどっかですね!
Commented by 事務局MA at 2011-07-05 14:49 x
鹿馬鹿さん、いつもありがとうございます。
画像の団体を「浦浜」と書いてしまいましたが、「前田」鹿踊りの間違いでした。さっそく訂正しました。皆さんごめんなさい!
前田鹿踊りは大船渡市で一番古い鹿踊りだそうです。

<< 内陸の芸能情報 とりら募金のご報告 3月〜6月分 >>