陸前高田のうごく七夕へ贈る

 先月のこと。陸前高田に行ったA氏、七夕を復活させたい団体が「笛がない」というのを聞き、すぐさま滝沢村・篠木神楽の笛吹きさんに連絡を入れたそうです。この機転には感心させられました。

笛吹さんは笛を自作される方です。A氏の心意気に感じて、今回は無償で提供することを決心。
26日盛岡駅前で行われる復興イベントで、陸前高田市からいらっしゃる動く七夕の団体さんにプレゼントされます。

笛吹さんの気持ちを感じたそのお姉様が、帯をほどいて笛袋を作ってくださったそうです。美しいですね、笛と笛袋と心映え。
f0147037_6264671.jpg

イベントの内容はこちら。
震災後、陸前高田市から盛岡にいらっしゃるのはこれが初めてじゃないかな?他に食べ物の屋台なども出るらしいです。

JR東日本グループ がんばろう東北!東日本大震災 復興応援イベント
6月26日(日)盛岡駅前滝の広場にて

【1巡目】11:00~
うごく七夕(陸前高田市) 注・お囃子のみ
笛の贈呈式
篠木神楽(滝沢村)
関口剣舞(山田町)

【2巡目】~時間未定~
うごく七夕
篠木神楽
関口剣舞
[PR]

by torira | 2011-06-22 06:27 | お役立ち情報 | Comments(1)

Commented by 阿部武司 at 2011-06-22 08:40 x
笛の袋、すばらしい話です。毎日何かしら感動の涙が出ます。歳かな?涙もろくなりました。

<< 続!助成金情報 現況報告8 山田の虎たち >>