故 稲川悟写真展 

「とりら 岩手三陸民俗芸能の応援募金」にご協力をおねがいします。

2011年6月2日(木)〜5日(日)
故 稲川悟写真展 現代の桃源郷 - 盛岡市根田茂」
心に焼き付けておきたい、家族で川遊びが出来るところ
ホームページが出来ています)
 
盛岡市中央公民館1階 創作展示室
10:00〜17:00(5日は16:00まで)入場無料

学習会 6月4日(土)14:00〜15:30 同公民館2階視聴覚教室
 岩手大学教授:井上博夫【テーマ】簗川ダム建設に関する県の検証と今後の対策
主催:簗川のダムと自然を考えるネットワーク
総会 6月4日(土)15:30〜16:30 同公民館2階視聴覚教室
総会後懇親会(会費3000円)

3月11日の午後、私はこの写真展を見に行きました。そのときの話はこちら

「家族で川遊びが出来る」っていいなあ。
そのためにはまず家族があること、川とその周辺の自然が豊かで〝安全〟なこと、そして家族がそろって遊ぶ余裕があることが条件となるでしょう。
考えていくとだんだん複雑な気持ちになります。
まずは、必要かどうかよくわからない大きなものを造ってその関係でお金がまわるような仕組みに疑問を持つところから始めないと。

by.事務局MA
f0147037_00420.jpg

[PR]

by torira | 2011-05-27 22:29 | 催しもの | Comments(0)

<< 5月29日(日)までは無料公開 桜山神社のお祭りと催しもの >>