あの鐘を鳴らすのはあなた

f0147037_040374.jpg
大船渡市へ行った日は風がとても強かった。三陸駅があったあたりにカンカンと響き渡る鐘の音、誰が鳴らしているのかと見回したら、復興の鐘が風に煽られて独りで鳴っていたのでした。

大船渡市郷土芸能協会に所属する団体のうち、衣装・道具の一部もしくは全部を失っている7団体の方々が集まって、道具・衣装の調達をさぐる情報交換の場を持ちました。ほかにまだ被害の状況が確認できていない所属団体もいくつかあります。
文化庁の基金(といっても復興のための基金ではなく、震災後の状況ではむずかしい条件がついて来るもの)の他にも民間企業の助成金などを利用する可能性を考えています。

「とりら」に寄せられた募金から、こちらの協会に(少額ですが)お見舞いを差し上げました。

しかし課題は山積。「だって何もかもぜーんぶ流されちゃったんだもん。まずはどやって暮らすってよ」と妙にカラッと言われるとかえって説得力があります。

問題の鹿の角は、やはりニホンジカの角でした。角が入手できればそれを磨いて塗装仕上げをする技術をもっている方が団体の中におられるます。最近の鹿の角は張り出し具合が昔と違う、とのことでした。

あの鐘を鳴らすのは誰にとっても易しいことではありません。「俺たちのふるさと絶対復興」のスプレー文字が目に焼き付きます。いつかあの鐘を鳴らすあなたたちを応援します。とりあえず復活したばかりの「かもめの玉子」を買って帰りました。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2011-05-03 23:07 | 東日本大震災 | Comments(3)

Commented by 小通鹿踊りHP管理人 at 2011-05-10 23:31 x
書き込み失礼します。
小通の会長と笹崎の会長さんが、角の件で連絡を取り合ったそうです。
今後も協力していく形になりそうです。
ぜひ、笹崎鹿踊りも復活してもらいたいです。
この連休は気仙地方最大のお祭、4年に1度の加茂神社式年大祭で笹崎鹿踊りが雄姿を見せるはずでした。
とても残念に思います。

私は、一小通地区の住民であり権限も何もありませんが、できることがありましたら協力します。何か会長などに連絡ありましたら伝えます。

この場を借りて、本当に沢山の支援をいただき大船渡市民として感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

芸能の復活は気仙再起のシンボルになると思います。頑張ります。

長文失礼しました。皆様もまた多くの関係者の皆様も体に気をつけて頑張ってください。
Commented by 事務局MA at 2011-05-11 00:13 x
小通鹿踊りHP管理人さま
書き込みありがとうございます。小通鹿踊の会長さんと笹崎の会長さんが連絡を取り合ったと伺い、たいへん心強く思います。お知らせくださってうれしいです。

もっか角の提供のお申し出を受けております。
お一方は鹿踊りに魅せられた京都の方で、知り合いを通じてたくさんの角が集まりそうなので地元のご要望があればお持ちしたいとのことでした。
もう一人は私の知人の猟師さんで、角をたくさんお持ちの鹿専門の仲間に声をかけたら協力を申し出て下さったとのことです。が、やはり大きさがわからないとムダに差し上げては迷惑でしょう、ということで大きさの目安を教えて頂けないでしょうか?

HP拝見しました。見やすくてすっきり!小通地区の紹介もあってすてきですね。URLを張らせて頂きました。今後も情報交換をよろしくお願いします。
Commented by 小通鹿踊り管理人 at 2011-05-11 22:35 x
ありがとうございます。
鹿の角の寸法については父が公民館で寸法を測るそうですので少々お待ちください。

沿岸部で太鼓系の鹿踊りが伝承されているのは大船渡高田だけなので貴重です。途絶えるわけにはいきませんね。

<< 現況報告2 しし踊りの交流 モリブロ 一箱古本市 >>