おでって芸能館〜川又神楽をどうぞ

明日はいよいよ「おでって芸能館」です。
小軽米えんぶりと兄川先祓いは以前にご登場願ったので、最後の1つ、川又神楽を。

川又西福院は、岩手郡の年行事を司り姫神嶽大権現をもって神楽を行っていた修験者です。広域盛岡市の神楽の多くは西福院系の神楽である、、と言っていいのかどうか、やや心もとないのですが多分そうなるでしょう。
e0179212_1811115.jpg

火事は歴史を消してしまうもので、西福院関係の資料はほとんど残されていません。
獅子頭とお不動さんがかろうじて火難をのがれました。
その獅子頭には「寛政四歳」(=1792年)と書かれていました。
「玉山の郷土芸能」玉山村教育委員会(昭和63年発行)に「寛政元年」とあるのと一致しませんが、もしかしたら別の獅子頭があるのかもしれません。

戦後やがて活動を中止、一時期復活するが続かなくて、それが昨年、盛岡市松園小鳥沢地区の小野松観音のお祭りに合わせ、川又(小野松)神楽として活動を再開しました。
今回は「川又伝統神楽」と名乗っています。

姫神山信仰と西福院、その神楽、小野松観音、勉強不足ということもあり、どれをとっても簡単にまとめられません。
画像は、昨年の「復活」小野松観音のお祭りに奉納する川又神楽です。
 by.事務局MA

第34回おでって芸能館~世界に誇る郷土芸能~
■日 時  12月11日(土)13時30分(開場:13時)
■場 所  プラザおでって3階 おでってホール
■内 容  川又伝統神楽(盛岡市)、兄川先祓い(八幡平市)、 小軽米えんぶり(九戸郡軽米町)
■入場料  前売券:500円 当日券:600円 ※中学生以下無料
[PR]

by torira | 2010-12-10 18:16 | 催しもの | Comments(0)

<< おでって芸能館〜兄川先祓い 木の花たち >>