今夜は

e0179212_10101749.jpg
今日は旧歴九月二十三日です。
おこもり行事、二十三夜講の日。
月は半月、皆で集まって真夜中に東から昇ってくるのを待ちながら(当然酒付き?)だべる。神道化したものは「月読尊」を祀るらしいですが、くわしいことは知りません。
この石碑では日と月が刻まれてるのがチャームポイントと言えそう。蓮華もありますね。残念ながら今夜は雨だってさ…。2010年10月撮影滝沢村大沢付近です。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2010-10-30 10:20 | 年中行事 | Comments(3)

Commented by ぜんまい at 2010-10-31 05:48 x
29日の夕暮れ時、国際宇宙ステーションが空の真上を飛んでいくのが見えました。人間の造った星が飛んでいく時代なんですね~。
Commented by sogno at 2010-10-31 08:51 x
MAさま、はじめまして。
二十三夜講、なにやらロマンティックな響きですね。
お喋りはもちろん酒付きがよろしいかと・・
「月読尊」、初めて耳にしました。思わず、検索。
色々なことを教えていただいています。
Commented by 事務局MA at 2010-11-01 20:28 x
ぜんまいさま、
やけに明るい星があるなと思って見たものは宇宙ステーションだったんですね。なるほどなぁ。こちらに還ってくる星だからいいよね。

sonyoさま
はじめまして、ようこそ!
ゆっくり月や星をながめたり、神楽を楽しんだりする暮らしがいいですね。だいぶ夜が長くなってきました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

<< 馬の歴史と民俗 求む!2011年 >>