大ヶ生クマ事情

e0179212_958227.jpg
大ヶ生にはクマがいます。「キミ(とうもろこし)作ったってどうせクマやタヌキに喰れるんだから、オラはキミは作んね!」「となりの畑のプラムなんか枝ごと折って喰ってったじゃあ。子連れだったみてえだ」などという会話が聞こえます。
クマは複数いるようです。クマ撃ちは一人いらっしゃいます。こんなところです、大ヶ生は。

大ヶ生金山の里縄文まつりには、クマ撃ちさんのユニークな出店が花を添えています。
クマの毛皮と胆は値段不明。熊の脂は一瓶1000円。

クマの毛皮買ってどうするかなあ。草間弥生はゴリラの毛皮のコート着ていたって友人が言っていたなあ。ロンドン条約が成立する前に手に入れたのだろうか。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2010-09-10 10:43 | お役立ち情報 | Comments(0)

<< 大笠振りの感想 神楽を見る毛虫 >>