神楽を見る毛虫

e0179212_033299.jpg
早池峰神楽の系統であると伝えられながら、どうもわかんない神楽というのはあちこちにあります。

矢巾町の白沢神楽も「早池峰の神楽を伝えている」とされています。
あきらかに早池峰系の鳥兜、採物は早池峰神楽で使われる鈴木で舞っている「鶏舞」ふうの舞。
しかし演目名は「御神楽」になっているし、獅子頭とその幕は太神楽みたい。
「早池峰神楽の系統ったってどこまでホントなんだがや」と代表の方はやや自嘲気味ですが、この御神楽はやっぱり早池峰っぽい。次の「大八幡舞」は早池峰神楽のそれとはちょっと違うところが多い。う〜ん。資料は明治時代?に火事で燃えてなくなったそうです。

神楽を見てる間に上から毛虫がたくさん降ってきました。神楽囃子に誘われた・・とは思えませんけど、矢巾町、紫波町あたりは今年はアメリカシロヒトリが大発生とか。
我が家ではヨトウムシに喰われて青じそがボロボロです。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2010-09-08 00:07 | 芸能 | Comments(0)

<< 大ヶ生クマ事情 その背中に >>