真夏の小正月

 「龍馬と啄木」・・・石川啄木記念館では、こんな不思議な名前の企画展を開催中。啄木ゆかりの資料の合間に、龍馬に関わる豊富なレプリカ資料が展示されています。
 いま話題の坂本龍馬と、地元出身の啄木。その間に、どんな関わりを見出すかはご覧の皆さま次第です。いろいろと想像がふくらみますね。そもそもは、啄木に先立たれた父・石川一禎の終焉の地が高知。・・・といったあたりがご縁もあるそうです。
e0179212_19292722.jpg

 さて、文学的な資料もさることながら、啄木に縁の深い建築物も見どころです。
 まずは、啄木が代用教員として教鞭をとった「渋民尋常高等小学校」。木造2階建てで、床材の粗さが魅力的です。
 そしてもう1つが、代用教員時代の啄木が下宿していた「斎藤家」。県内でよく見られる移築古民家というと曲がり家が多いかと思いますが、こちらは渋民の宿場町にあった家ということで、一味ちがいます。狭い間口から奥に細長く通り土間が続いており、奥には馬屋が。2階の部屋もあるのも宿場町ならでは。階段がある室内も面白いし、2階の採光のためか、独特のファサードをもっており、外見も目をひく建物です。
 こういった古民家には、やはりミズキダンゴがにあう・・・。ということで、夏でも小正月気分が味わえます。

 by げんぞう

石川啄木記念館(盛岡市玉山区渋民字渋民9)
【開館時間】
4月~10月 午前9時~午後5時 / 11月~3月 午前9時~午後4時30分

【休館日】
12月28日~1月3日  
11月~3月は毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日が休館日)

【入館料】
大人 450円 
大学生・高校生 320円
中学生・小学生 200円(小学校2年生以下は無料。)

【共同企画展「龍馬と啄木~ふたりの目線」】
 8月1日(日)~10月17日(日)

[PR]

by torira | 2010-08-02 19:31 | お役立ち情報 | Comments(2)

Commented by ぜんまい at 2010-08-04 06:20 x
渋民尋常小学校、二階教室の床板のすきまから下の階が見えました・・。
Commented by げんぞう at 2010-08-06 23:30 x
まさに踏み抜きそうな床ですよね。

<< お灸いかがでしょう? 革の鳥兜 >>