餅まき

昨日は盛岡の加賀野で早池峰岳神楽を見ました。かつての妙泉寺、大日如来のお祭りに奉納されたのです。以前に比べるとお客さん増えたなー。「神楽ごよみ」の影響かしらん。

今年は餅まきもあって、帰るときには紅白の餅が2コずつ手中に。おかげで夜は雑煮でした。ま、折口信夫のいうとおりに一年を二年と考えればもうすぐ正月だものね。大晦日の前の決勝リーグか〜。
e0179212_18561690.jpg
その2日前は小樽市豊足神社のお祭りで小樽松前神楽保存会による神楽奉納を見ました。画像はどっちも三番叟です。謡などはだいたい同じだし、お囃子は下北のにおいがするんですが、神職の方たちによる神楽とあって衣装道具はそれっぽいです。
e0179212_1856181.jpg
何より北海道のお祭りというのは、宮司さん以外にネギさんがたくさん出て来て神事をするのが印象的。この日もそれほど大きいお宮じゃないのに総勢8名?もっといた?

最後は権現舞ならぬ獅子舞。そのときに餅まきがありましたが、写真を撮りたいので手を出しませんでした。しかし、すみに置いといた手かごを見るとなぜかピンクの餅が1コちょこんと。飛んできて偶然入った?まさか〜。その場に知り合いはいないし、いったい誰が?神様だよきっと。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2010-06-29 20:33 | おまつり | Comments(0)

<< 反省 始末の仕方 >>