火入れ作業中

e0179212_21551125.jpg
e0179212_23218.jpg
焼き畑試験をするというので、岩泉町尼額(あまぶたい)に行ってきました。

この集落ではほぼ50年ぶりに行われる焼き畑だそうです。「うまく焼けますように。火事になりませんように」と山の神に手を合わせた施主の祈りは半分聞き届けられ、火事には至りませんでしたが、しかし焼き畑としては焼けムラができてしまいちょっとガッカリしてたみたい。

が!この農学部4年生=別名日本兵さんの揺るぎない意志とこまかい気配り、それに応える彼の同級生や関係者たちの明るく元気な大働きで林の中の荒れ地は一日で立派な畑に。
それをサポートするご家族友人地主さん町の方々による手厚〜いおもてなしで、今日はまるでお祭りのように皆が幸せになる良い日となったのでした。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2010-06-06 22:14 | お役立ち情報 | Comments(2)

Commented by kawa-usso at 2010-06-11 18:28
あー、いいなー。
焼畑愛好家のわたくしです。

見たかったなー。
良かったら、あくまでもさしさわりがなければですが、何かしらありそうなときは教えてくださいませんでしょうか。
行けるかどうかはともかく、なのですが。

Commented by torira at 2010-06-12 22:30
今回は、たまたま知り合いになった方が土壌研究のために試験的に行います、とお知らせくださったのでした。
焼き畑情報はたぶんkawa-ussoさまの方がたくさんお持ちでしょうから、「みちのく焼き畑ごよみ」とか試みられてはいかがでしょうか?期待しておりますよ〜。

<< 手先は剣印ではありませんが 雹 >>