やりなおせるなら

 昨年6月、疫病まつりを見にいった際に見かけたショウブとユムギ(ヨモギ)。端午の節句(5月5日)に屋根に上げる習慣があるのですが、それが日にちもたって色もぬけて、ついには地面に落ちました・・・というもののようです。
e0179212_20514341.jpg
 
 そういえば、今年の端午の節句もそれらしきものを見て回ったりしないでしまいました。しかし、旧暦5月5日は、今年は6月16日。先述の「疫病まつりで目にしたショウブとユムギの残骸」は、旧暦でやったものか新暦でやったものかはわかりませんが、ともかくも、旧暦で何かやっているところがあるかもしれない。やりなおしのきかない人生とは言いつつ、新暦・旧暦の両方で年中行事がやられていれば、何かしら目にすることもあるかもしれません。6月16日か・・・。

 by げんぞう

[PR]

by torira | 2010-06-01 20:55 | 年中行事 | Comments(0)

<< ××らしい風景 煮玉子・・・ >>