えんぶりのおじぎ

 えんぶりで太夫が摺り納めたあとのお辞儀は、とてもゆっくりです。
 ただ頭を下げるだけではなく、ひざの屈伸も使いながら、なんとも粘着質な動作をします。
 八戸では、虎舞も同じようにゆっくりとしたお辞儀をします。
e0179212_1945367.jpg

 このお辞儀、丁寧に見えるのはもちろんですが、ものすごい速度で落下していくようにも見えます。賑やかな囃子とあいまって、まつりのデペイズマンを感じます。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2010-05-22 19:54 | お役立ち情報 | Comments(0)

<< 七頭舞踊りませんか? 首か顔か >>