茶托で田植踊り

福島県「村上の田植踊」で使われていた四つ竹、花巻市石鳥谷町の八重畑田植踊りの場合はなんと茶托がカスタネットです。
e0179212_21155373.jpg
ご飯粒を使って漆塗りの茶托と指をくっつけるのです!これがよく付くそうで、後始末も水で洗うだけでいいのだから、すごい発明工夫ではありませんんか!!感激しました〜。
それ以来、小振りの円い茶托を探しているのですが、気づけばそもそも茶托というものが今やマイナーな存在になっていますね。

この八重畑田植踊りさんが5月29日(土)、盛岡のプラザおでってホールで行われる「おでって芸能館」に出演される事が決まりました。あまり知られていないかもしれませんが(というか私がこの前まで知らなかったのだけど)とってもオススメな田植踊りですのでどうぞご覧ください。
この日は岩手町の川口神楽や東中野と茂市のさんさ踊りも出ます。時間、料金などを聞くのを忘れました。のちほど。。

ひとこと余計なお世話を申しますと、漆器は「アルコールに溶ける」「傷がつきやすい」「乾燥と熱に弱い」という特徴があります。
なので、市販の食器用洗剤(アルコール系)でゴシゴシ洗った漆器を温風器の前に置いて乾かすと、確実にしっかりどんどんハゲてしまいますのでご注意を。


 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2010-04-18 23:55 | 催しもの | Comments(1)

Commented by 「おでって芸能館」がんばります at 2010-04-21 10:06 x
お晩です。八重畑田植踊のOです。
この度の「おでって芸能館」出演に当たっては、お口添えがあったとの由。ありがとうございました。
農繁期のため十分な準備ができるかどうか不安で、いささか出演を逡巡しましたが、せっかくチャンスを戴いたのだからということで、押し切りました。
演目はこれから検討します。40分ということでしたので、少し欲張りたいと考えています。
改めて、御礼申し上げます。

<< はなごよみ 道具としてのからだ >>