小正月のかざりもの

 仕事がら、あちこちの公民館におじゃますることがあります。公民館といっても、平屋の小さい「集会所」みたいやなつが多いんです。こういうところには、たいてい地域の行事を紹介する写真や絵地図が貼られていたり、年中行事・芸能の小道具が置かれていたり。根堀り葉堀り尋ねるのものなんだかアレなんで、たいていは横目で見て楽しむ程度です。
 しかし、さすがにこれは質問せずにはいられませんでした。
e0179212_20184195.jpg

 奥州市水沢区真城の大深沢公民館。小正月の飾りで、「キンコカザリ」と呼んでいるそうです。復活した小正月行事で用いたとのこと。その復活の際には、衣川だか厳美だか、そっちのほうから習ってきたといいます。
 いったん途絶えた行事が、比較的しっかり残っている地域のものを標準形にまた復活する・・・これまでもそうやって行事は伝わってきたのでしょう。そういう動的な伝承の一端を垣間見た気がしました。

 by げんぞう

[PR]

by torira | 2010-04-16 20:27 | 年中行事 | Comments(0)

<< 道具としてのからだ ニワトリがいない? >>