虫を知る

e0179212_21351210.jpg
岩手県立博物館 第62回企画展
「病をいやす~くすり・まじない・神だのみ~」

2010年3月27日(土)~5月5日(水・祝)
9:30~16:30(入館は16:00まで)※休館日は毎週月曜(月曜が休日の場合はその翌平日)
一般300円、学生140円、高校生以下無料

「医療の恩恵を得ることが難しい時代や環境に生きた人々が、
どのようにして〝病〟と向き合ってきたのかを示す多彩な資料を紹介します。」
…という事で、ゲゲゲの女房もびっくりのあやしいモノが勢揃い。
気に入ったのは、庚申の夜に体から這い出してえんま様に告げ口に行くという「虫」の絵です。白いよだれかけをかけてバンザイしてるのがそいつ。近頃の子供は虫と言えばクワガタとカブトムシしか知りませんから、虫の知識をふやしてあげるにはもってこいの春休み~GW企画ではないでしょうか?

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2010-03-30 21:55 | 催しもの | Comments(0)

<< 昔の石鳩岡神楽の映像 綱を引く火防祭 >>