誰だかわからないほど黒かったり

e0179212_22452755.jpg
矢巾町実相寺うらの観音堂前で行われる、奇祭「スミ付けまつり」。今年も楽しい阿鼻叫喚地獄が繰り広げられました。
スミを付けられると一年健康に過ごせると言われるスミ付け祭り、3つの心得。
1:汚れたり火の粉をかぶって穴があいたりしても良い服で来る事!
2:スミとは「墨」ではなく「炭」。大きな焚き火をするのですが、炭化したスギの枝をこすって軍手に炭をなすり付け、誰彼の遠慮なく顔に付ける(付けられる)というお祭りです。画像の女の子が手にしているのがその炭の元。同じアホなら塗り返さにゃソンソン♪よって軍手必須!
3:見栄は家に置いて来る事!行く前に「え〜顔にスミ塗られるんですか〜?イヤだなぁ、イヤだなぁ」と何度も言っていたどこかのセンセイは、帰る頃には「すんげー楽しかった!」と黒い顔で喜んでおられました。

来年は男女別でスミ塗りコンテストをやる!という会話が脇から聞こえました。それを言ってた地元のエラいさんになぜか餅まきの餅を大量に頂いてしまったのです。そんで土曜日以来、毎日ピンクの餅を食べてます。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2010-02-09 23:03 | おまつり | Comments(0)

<< かぶりもの 南部の「けの汁」 >>