知ったかぶり

 ふるさと岩手の芸能は、お囃子が賑やかなのもいいのですが、歌も魅力の一つです。といった話を、これまでも冊子「とりら」誌上で幾度となくお伝えしてきています。卓越した一人の歌い手が美声を響かすというのもいいのですが、それだけではなく、いい年をしたおっさんたちが声を揃えて歌うのが、これまた沁みるのです。
 ただ、みんながきっちりと覚えているかというと、必ずしもそうではなさそうだなあ・・・という場面に出くわすことがよくあります。リードする歌い手にあわせて、適当にムニャムニャとあわせているというか。まあ、それでもなんとかなっているようです。でも、その「ムニャムニャあわせて歌う」というのも一朝一夕でできるかというと、真似すると案外むずかしい。これはこれで熟練のなせる技なのでしょう。
e0179212_22115596.jpg

 我が家の2歳児Raekwonさんも、ふだんからムニャムニャあわせて歌ってることがとても多い人です。このあいだも、ラジオから流れている曲にあわせて「なーなー♪」と。その音源は我が家にはないし、初耳のはずなんですけどね。

 ・・・ブルックナー交響曲第7番。

 by げんぞう

[PR]

by torira | 2010-01-31 22:23 | お役立ち情報 | Comments(0)

<< カルタゴ神楽 ちょっと欲しいサルエルパンツ >>