凝視する瞬間

 ちょっと前に、「他県からおいでのお客様に、夕食時に神楽をご覧いただく」という機会がありました。幕がある舞台での上演というわけで、幕が開くとお客様はすでにお召し上がり中。
 で、上演が始まったんですよ。自分は笛担当なんで、お客様がよく見えるんです。メインは短角牛の鍋モノみたいなやつ。鍋物といっても、固形燃料で小型の鍋を熱して食べる、例のアレです。ところが、お客様の中に、鍋の上に箸を伸ばしたまま、舞台を凝視して固まってしまった人がいるんですよ。いや、注目いただくのはいいんですけど、そんなに煮すぎると、せっかくの短角が硬くなっちゃう。困ったなあ。と思いながら笛を吹いていました。
e0179212_20193236.jpg

 by げんぞう

[PR]

by torira | 2009-12-12 20:30 | お役立ち情報 | Comments(2)

Commented by ぜんまい at 2009-12-14 07:57 x
遠野の観光施設のことですが。お昼のお膳を前に、語り部のおばちゃんの話を聞きました。食べるのはお話の後、ということで、1時間あまりの昔話のあいだじゅう目の前のお膳ばかりを凝視していた私です。ハラヘッタ。
Commented by げんぞう at 2009-12-14 22:24 x
やっぱり食い気を最優先したいもんです。

<< 山の神さん 雪のない大日堂舞楽 >>