盆踊りと言えば

 先日、足立区梅島の和菓子屋へいきました。いや、仕事で梅島へいったら和菓子屋があったので寄ったということなんですけどね。「きんつば」の看板があったもんで、まあせっかく都内にきたんだし、めったに来ることがない地域でもあるもんで、ここはひとつ・・・と思いまして。
 それでまあ入ってみると、季節の練り切りとかも充実しつつ、カステラやマドレーヌもしっかり並んでいる。そういう店なんですね。この「富士屋和洋菓子店」は。そこでひときわ目をひいたのが、若鮎です。あちこちで見かけるわりには「当店オリジナルです」という雰囲気をかもしていて、気になるんです。
e0179212_12263535.jpg

 それでまあ、大喜びで家に帰って食べてみました。カステラ状の生地の中は、白餡か黒餡か。と思いきや、なんと、ぎっしり求肥でした。どこまでいっても、カステラ状の生地と求肥。つまり、餡がないんですね。洋菓子っぽい和菓子というのはあれこれありますが、こういう組み合わせはやや意外です。ちょっと変わった若鮎でした。

 なんてことを思っていたら、実は若鮎というのはそういうお菓子のようです。おかしいなあ。前にどこかで、「カステラ状の生地の中に黒餡が入っている鮎型のお菓子」を食べたことがあって、えらくうまいなあと思ったんだけど。あれは岐阜だったかな。
e0179212_20221561.jpg

 で、本日こんどは葛巻町の道の駅「ほすなある」で黒沢だんご店の「あゆ」というお菓子を購入。こちらは、ちゃんと中身が餡のようです。でも、黒餡じゃなくて白餡らしい。しかも見た目があんまり鮎っぽくないのね。黒い点みたいなのが目かヒレなのかなあ。
 と悶々としていたのですが、よく見てみたら、黒い点は“水面に映える鮎の姿”ということのようです。

 by げんぞう

[PR]

by torira | 2009-11-11 20:39 | 芸能 | Comments(0)

<< 証言2 とりらバッジです >>