あさっては「北海道・東北ブロック民俗芸能大会」

10月18日(日)北海道・東北ブロック民俗芸能大会
北上市さくらホールにて 入場無料

10:00 早池峰大償神楽保存会(花巻市)
10:40 札幌ウポポ保存会(北海道札幌市)
11:25 金生田植踊り保存会(山形県上山市)
11:50 村上の田植踊保存会(福島県南相馬市)
(12:10 - 昼休み - )
13:00 願人踊:一日市郷土芸術研究会(秋田県八郎潟町)
13:20 能舞「鈴木」:東通村郷土芸能保存連合会白糠勇清倶楽会(青森県東通村)
14:10 寺崎はねこ踊り保存会(宮城県石巻市)
14:35 滑田鬼剣舞保存会(岩手県北上市)
15:10 閉会

この「北海道・東北ブロック民俗芸能大会」、今回も殆ど宣伝をしないまま当日を迎えるようです。いつもこうなんだ。なぜ〜!?「混雑が心配されるから極力情報を流さないように」とか、なにか特別なお達しでもあるのかー?
もったいなさすぎる。
げんぞうさんは「鈴木」が見たいが当日は仕事で行けないと言うので、とりあえず「鈴木」くんの画像を載せてみました。

 by.事務局MA
e0179212_20561437.jpg

[PR]

by torira | 2009-10-16 21:02 | 催しもの | Comments(1)

Commented by げんぞう at 2009-10-16 21:27 x
山伏神楽はストーリー性のある演目があったり複雑なしくみの舞があったりはするんですが、謡や歌は、どうも味が薄いというか、「気を失いそうにさせてくれるような衝撃」があまり強くないなあ、なんて感じています。
鹿踊などの歌に比べると。
でも、鈴木とか武士舞は、「淡々とした舞い」をツマミに、「語りの主体があいまいなままに悲劇を綴る」という酒を呑む・・・という感じで、どんどん終末に突き進んで行く濃厚な雰囲気がたまりません。

さて、ちかごろは願人踊の動画がweb上にいろいろ出ています。
ぜひ、ラテン系のハウスの音でご覧ください。

<< 「お神楽初恋巡演記」 うまうま >>