円の中で。

 多賀神社例大祭(盛岡市永井)。下永井獅子踊が奉納します。多くの演目では太鼓・ササラ・唐団扇・シシが輪になって踊ります。最後の礼踊りは列になったりもします。

 で、輪踊りの際に唐団扇の踊り手がまずは円の中で踊りをおだやかに一通り披露したあと、全員で同じ型の踊りを激しく披露する・・・というスタイルで今回は上演されました。前からこういうふうにやっていたかどうかは記憶にないのですが、さんさ踊りの一八のような感じで、とてもイイんです。

e0179212_20473780.jpg


 しかし考えてみると、こりゃ中踊りと側踊りの逆転なのかも。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2009-09-11 20:52 | 芸能 | Comments(0)

<< 見たほうがいい 黒川さんさ >>