シシシーズン

 いろんな「こよみ」を実はつくっています。

 一般の皆さんにご覧いただけるのは、web「みちのく芸能ごよみ」と、チラシ「もりおか神楽ごよみ」、そして冊子「とりら」掲載の「いわて芸能ごよみ」です。そのほかに、あれとかこれとかあるんですが、それはまあ、あくまでも私的なもの。そんな私的な「××こよみ」の一つに「もりおかシシごよみ」があります。

 しかし、盛岡周辺のシシ踊りはそこそこ存在するわりには、「こよみ」がいっぱいになるほど日程がしっかりと入らない。資料をモトになんとか埋めようとすると、公開期日が「慶事」という妙な表示になってしまったり。
f0147037_22375753.jpg 
 ともかくも、盛岡周辺にもシシ踊はあります。上演中の多くの時間を占める輪踊りでは独特の酸味とまぶしさに全体が覆われています。ところが「女獅子かくし」などシシが点としてうごめきだす演目では、「女獅子かくし」という表題からはかけ離れた粘着質な重たさに、見る側は頚椎がおしつぶされるような感覚になります。

 盆以降、秋まつり・産業まつりシーズンにかけては、その上演機会がぼちぼち出てきます。webみちのく芸能ごよみにも、随時掲載。しかし、そもそもどの団体が盛岡周辺のシシ踊りなのかよくわからない・・・という方は、どうぞ冊子「とりら」第3号掲載の「盛岡周辺のシシ踊り」をご覧下さい。

 by げんぞう

[PR]

by torira | 2009-08-25 21:23 | お役立ち情報 | Comments(0)

<< なんで面はずすの 岩泉町郷土芸能祭 >>