神楽の復活

今日付けの岩手日報に「盛岡市の松園地区で22日、1968年の四十四田ダム完成で水没した地域に受け継がれていた『川又(小野松)伝統神楽』が復活した」と書かれていました。
昨日、この小野松観音のお祭りでお披露目があった川又神楽の「御神楽」を見てきました。衣装も道具も手づくりです。錫杖の形が特徴的。逆さハート型の針金に穴開銭のような金属板が通してあって、チャラチャラと音をたてていました。
e0179212_2027957.jpg

似たような錫杖を見たっけ。。そうだ、げんぞうさんがまとめた「白石神楽」にこんな錫杖の写真が出てたんだ。松園にほど近い上米内にあったという白石神楽でした。
 現行の神楽と無くなった神楽を併せると、姫神山周辺にはかなりの密度でいろんな神楽があったことがわかります。多くの方の努力で復活された川又神楽の末長いご活躍を期待しています。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2009-08-23 20:45 | 芸能 | Comments(0)

<< 岩泉町郷土芸能祭 IT化が生きた例 >>