八月の馬

岩手県立美術館で「京都 細見美術館 琳派・若冲と雅の世界」を見て来ました。いい作品がありますよ。しかし変人、若冲がこんなに人気者になるとは。。
目に留まったのは、冷泉 為恭による年中行事を描いたもの。8月中は「駒牽(こまひき)」の分が展示されています。これは、信州や甲斐の国から献上される馬を天皇が御覧になる八月の年中行事だそうです。
e0179212_1152132.jpg
これで思い出したのは、藩政期の盛岡には武士が市中を馬で駆け回るというお盆行事があったという話。有名な川口月村の「盂蘭盆門火乗之図」で見ることができます。といっても簡単には見られないか。あれ盛岡市の所蔵なので絵はがきなどにしてはいかがでしょう?

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2009-08-19 12:18 | 年中行事 | Comments(0)

<< 神子田の盆踊り タイヤキもよう? >>