下閉伊郡川井村田代の8月15日

川井村の田代念仏剣舞を迎える初盆の家。
e0179212_12255822.jpg

お墓二カ所を回る合間におうちを訪問します。
どちらでもお盆の演目は「み墓」だそうで、まず皆一人ひとりが焼香をして4人ずつ(昔は6人ずつ)交替で踊ります。
かつて良い踊り手だった30代の青年は、今年は笛を吹いていました。ここでは笛の後継者問題もありません。出向先の横浜から来たそうです。
「別に剣舞のために帰省したわけじゃないし。お盆だから帰って来るの当たり前でしょ。お盆は剣舞やると決まってるからやるだけ。疲れるけど別に大変じゃないよ」とサラっと自信たっぷりに言われて軽くショックです。
来年宮古市との合併が決まった川井村の民俗芸能団体、登録数だけで33。
子供の出生率が低いことで知られる川井村なのですが、なんのかんのと言いながら芸能は元気です。そのヒミツはどこにあるのでしょう。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2009-08-15 14:47 | 芸能 | Comments(0)

<< 背中あて なぜ見晴らしがこんなに良いか >>