もうすぐ大乗会

7月12日(日)伊勢の森の大乗会
北上市村崎野「天照御祖神社」境内にて 8:00~21:00 
神社創建330年、村崎野鎮座320年を祝賀して30演目程を一挙奉納 
出演:村崎野大乗神楽,和賀大乗神楽,宿大乗神楽, 上宿和賀神楽,笹間大乗神楽 
f0147037_14201178.jpg

●大乗神楽(だいじょうかぐら)とは
大乗神楽は、岩手県北上市から花巻市南部にかけて分布する神楽の系統の1つです。
演目の構成や所作に、密教・修験色が濃いのが特徴です。
●大乗会(だいじょうえ)とは
大乗神楽は、かつては地域の祭礼や冬10~11月に付近一帯の民家をめぐって演じられました。
このような上演の仕方を平神楽(ひらかぐら)と称し、それとは別に「大乗会(だいじょうえ)」「大乗式」というものがありました。 これは、別当(べっとう=神社や寺院の管理・主権者)職を継ぐときや御本尊を開帳する際など一世一代の催しの際に催されるものです。
明治33年(1900年)以来行われていませんでしたが、2004年に煤孫で開催され、今回は復活第2弾となります。
       ー以上、「みちのく芸能ごよみ」よりー

主催者より◆必見は8時45分からの舞台儀式でしょう。また復活される狂言「つぼ草」・天王・橋引、それに和賀の荒神、上宿の普勝などやはり全部ですね。

(「とりら3号」で幸田神楽を紹介してくださったA氏が強力な牽引力となって、大乗会が行われようとしています。当日は「とりら」販売も予定しておりますので皆さんいらしてください。by.事務局)
[PR]

by torira | 2009-07-04 14:26 | おまつり | Comments(2)

Commented by ぜんまい at 2009-07-05 06:27 x
「大乗」のつく神楽はまだ見たことがないのですが、「大乗」とはなにか仏様と関係があるのでしょうか。それとも「みんなの神楽」のような意味があるのでしょうか。
Commented by げんぞう at 2009-07-05 08:38 x
大いにノリノリ。


という答えをしたことがありました。
知人に同じ質問をされた際に。
ホントはなんなんでしょうね。

<< スーパーサイヤ人 シシ踊りと剣舞と大念仏 >>