いろどられる前に

 盛岡市神子田の万灯行事には、凸型の行灯がいくつも出ます。それぞれの絵柄がきっちりした武者絵であることも特徴です。
 この武者絵は、それぞれに型紙があります。絵を描く作業は、まずはその型紙をなぞることから始まります。墨で線を書くのは子供たちの役目。そして、その線をお母さんたちがロウでなぞっていきます。これから色を塗っていくわけですが、ロウで線引きしてあると色が重なったりにじんだりしないんですね。
f0147037_22135012.jpg
 

by げんぞう
[PR]

by torira | 2009-07-02 22:13 | 年中行事 | Comments(0)

<< シシ踊りと剣舞と大念仏 万灯のいろどり >>