お花のはなし

お花のはなし。毎年みごとに咲かせるご近所のひなげし。すごい〜。イタリアみたい。
いえ、フラワーのほうじゃなく、ご祝儀としての「お花」のはなしです。
f0147037_2137311.jpg

「お花の出し方をブログに書いて」とメールを頂きました。うん、難しいですね。
・いつあげる? 始まる前かちょっとした合間に上げるのがいいと思います。終わってからだと、お花披露をしてもらえないこともあるしね。
・誰にあげる? 権現さまがいらっしゃる場ならその前へ。いない場合は偉そうな人=太鼓打ってる方とかに上げる。気後れするなら団体のどなたでもいいと思います。が神社関係者に上げるとそれは神社のお財布に入ることになります。
・いくらあげる? ぽち袋に入れるなら1000円くらい。普通は2〜3000円?地域によって&あげる人によって多少違います。畳(たとう)付きののし袋に入れるなら5万とか10万とか。ぜんぜんかまいませんよ、これくらい景気のいいのを頂いても。

答えにくいのは表書きです。自分では「御花」「御祝」などと書いていますが、正しいかどうかよくわかりません。他の方はなんて書いてるのかな。教えてください。
明日もまず降らないようだし。
あっ、管理人さん、お花の口上は頼みます。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2009-06-15 21:39 | お役立ち情報 | Comments(2)

Commented by 上端 at 2009-06-17 11:52 x
見ました。
Commented by MA at 2009-06-17 23:00 x
上端さま
すっきりしたコメントをありがとうございます!
あつかましいかもしれませんが、出来ればもう一言お願いできれば一層うれしいです。つまり「何を」という目的語です。
1 「ブログとりら」を
2 近所のヒナゲシを
3 昨夜のツルカメ七頭舞@高松神社を

昨夜のツルカメ七頭舞にたくさんの拍手とお花を頂戴しました。この場を借りてお礼申し上げます。
来年は踊る側へまわってみたい方、いませんか?

<< 諸説 うま その2 >>