山岸のしし

f0147037_19531266.jpg
盛岡タイムスに「芸能ばんざい」という小さいコラムを月に1度、書かせてもらっていて、今月は山岸獅子踊(盛岡市)を紹介させて頂きました。今日は山岸小学校の運動会でお披露目があったはず。
今回、校正を送ってもらったときに編集の方から「“しし”の字が、藩政期の絵を紹介するところで“鹿子”になってるけどいいのか?」という親切なお問い合わせがありました。
“しし踊り”の表記は、“獅子踊”“鹿踊”“鹿躍”そして“鹿子踊”などとさまざまです。宮古市から大槌町にかけては“鹿子踊”と書く団体がたくさん活躍しています。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2009-05-23 20:01 | 資料紹介 | Comments(3)

Commented by 一八 at 2009-05-23 22:15 x
山形県東根市に「長瀞猪子踊り」があります
ご参考になればと思いまして
Commented by 事務局MA at 2009-05-24 22:07 x
一八さま いつもありがとうございます。
「長瀞猪子踊り」って「ながとろししおどり」って読むんでしょうか?
どうも、長芋とろろダレで牡丹鍋を食べる、というイメージが湧いてきます。ごくん。
「しし」も色々あるんですねえ。
Commented by 一八 at 2009-05-25 21:54 x
お世話様です

念のため、長瀞公民館さんに確認しましたところ ピンポ~ンでした
館長さんによれば、山寺の開祖である円仁さん(慈覚大師)が、猪に導かれ?山頂にお立ちになり、そこから眺められた水地帯の村山地方を治水工事で肥沃な耕地された。........
後世の1.660年頃から長瀞地区の人々が感謝の心で「長瀞猪子踊り」を山寺に奉納されたのが始まりとのことでした ~メモ間違いでなければ~
 「長瀞猪子踊り」関連のHPでも同じようで、踊り映像でのいでたちは「会津彼岸獅子」に、踊る雰囲気は「白岩ささら」に似ていてなぜか気になります

踊り、躍、舞、などなどの「ことば」から実践者の伝統芸への熱い思いが感じられます  (意味不明ですネ)


<< つちざわで見つけた しあわせの黄色いハチマキ >>