おふげさん

 「お正月は普段どんなすごし方をしてますか」
会う人ごとにそんな質問をしています。正月料理も人それぞれですが、初詣先も様々。うちの神楽の師匠の場合は何箇所か拝みに行くところがあるとのことで、そのなかで「そしてからずおふげさんさいぐのよ」との答えもありました。
 おふげさんとは。
 この場合、葺手町の三明院(盛岡市神明町)にある、普賢菩薩のことです。
f0147037_1911163.jpg
 で、なぜ師匠さんが拝みにいくかというと…。
 「人には、干支に応じてそれぞれの仏様が守り神としてついている」という、「一代本尊」という信仰があります。師匠は辰年生まれなので、お普賢さんが守り神さまということなのだそうです。というわけで、お正月など、折に触れて拝みにいっているとのこと。
 そういえば自分も辰年でした。

 げんぞう
[PR]

by torira | 2009-03-14 19:00 | 年中行事 | Comments(0)

<< 「とりら」が買える場所 8  ... ナニャではなく >>