春祈祷の事例

春祈祷はその地域によって随分ちがう様相を呈しています。
盛岡市には明治以前に権現様を持って歩く事をやめてしまった神楽が複数あります。
この神楽の場合は、もう長い事、春祈祷は権現様そのものも出さずにただ集まってお神酒上げをするだけの行事だったのですが、14、5年ほど前、棚の上にしまっておいた権現様がおっこちてきて住人の頭にガン☆と一発喰らわせたといいます。
「こりゃあやっぱり出して拝まねばダメだ」ということになり、今では舞もお見せしながら酒盛りするようになりました。この話によって、なくなったかに見える権現信仰がそんなカタチで盛岡市民の意識の底に流れつづけていた事がわかります。

 by.事務局MA
f0147037_21555119.jpg

[PR]

by torira | 2009-02-28 21:58 | 年中行事 | Comments(0)

<< 北上川はキーポイント♪ 大手量販店でも麹は売ってるけど... >>