公民館で出会う神々

 一関萩荘達古袋の宇津野公民館。
 黒板には
「12月28日 注連縄ない」
「1月3日 春祈祷」
「1月15日 どんと祭」
と日程が書かれています。軸はおなじみ「三神」ですが、自分が見ることが多いのは八雲のかわりに春日が入っているものが多いので、新鮮に感じました。昨年来、何度かこの周辺に足を運んでみて、西磐井地域は八雲さんの信仰が盛んなように感じます。
f0147037_196850.jpg
 盆暮れ正月になると、「古い大きな家で昔ながらにおこなう行事が少なくなってしまった」んだなあと寂しさを感じることもあります。あとは遺物を掘り起こすのみか…と。しかし、こうやってたまに仕事のついでに地域の公民館や集会所に足を踏み入れると、生々しい集落の動きを目の当たりにして衝撃をうけます。むしろ、ここにこそ目をむけていきたいものです。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2009-02-23 19:06 | 年中行事 | Comments(0)

<< 凍った雪の板を積んだもの。 関係あるだろうか? >>