トロピカル

「世界最南端」。北半球に住んでいる者としては、
「焼け付くような日差し、木からパイナップルがぶら下がっていて、雨がふったら学校がお休みになってしまうような世界」
を想像します。
 世界最南端の「えんぶり」として名高い茶屋場えんぶりについてもそういうイメージをもって観にいったのですが、実際はあんまりそういう感じではありませんでした。
f0147037_19452888.jpg

 しかしまあ、各ジャンルの芸能について「最端はドコか」という分布域を探るのは面白いものです。周縁部にこそ残っているモノもあるわけで。世界最南端のえんぶりの場合は、むしろ摺りの冒頭の所作や口上の雰囲気に、八戸より北の百石に通じるものがあったことが印象的でした。

 by げんぞう



※パイナップルは木からぶら下がりません
[PR]

by torira | 2009-02-09 19:45 | 芸能 | Comments(0)

<< 祝いの松 茶屋場えんぶり >>